闇金相談 警察

闇金相談|警察への相談手順

闇金相談|警察への相談手順

闇金相談警察

闇金問題は警察に相談し、解決してもらうことが可能です。

 

手順は以下のとおり。

 

1. 所轄警察署の生活安全課に行く
まずは、所轄警察署を調べます。ネットで検索すれば簡単にわかります。
県警の「警察署の管轄区域一覧」などのページに記載されています。
できれば、事前に電話をしてから生活保安課に行ったほうがいいでしょう。連絡なしで相談に行きと、嫌がられることがあります。また、闇金に詳しい刑事さんが不在のこともあるので連絡してからにしましょう。
「警察署の管轄区域一覧」などのページに電話番号も記載されていると思うので、そちらに電話をかけ、「闇金の被害で困っているので相談したいのですが」と告げれば、担当部署にまわしてもらえます。担当は、「生活安全課」になります。

 

2. 闇金被害について相談する
刑事さんには、被害状況を説明します。
闇金業者名、元金、利息、どのような経緯で借りたのかなどを説明。事前に、メモにまとめておくといいでしょう。
必要であれば被害届を出します。

 

3. 闇金業者に警告してもらう
その後、生活安全課から闇金に連絡をしてくれることが多いようです。
たいがいは、警告という形です。闇金は違法行為ですが、いきなり逮捕することはありません。
遠まわしに「借金をチャラにするように」「もう勘弁してやれ」と伝えてくれます。
それで、闇金業者が納得すれば、闇金からの借金はなくなります。元金を返済する必要はありませんし、利息を支払う必要もありません。

 

警察で相談し、対応してもらった場合、当然のことですが、費用はかかりません。

闇金のトラブルや被害は警察に相談するのがベスト

闇金は違法行為なので、トラブルや被害は警察に相談するのがベストです。
しかし、警察によっては積極的に解決に乗り出してくれないところがあるようです。
中には、相談したら、「借りたほうが悪い」「借りたお金は返済しなさい」というようなことを言われることも。
積極的にならないのは、「民事不介入」という前提があるからでしょう。
闇金は違法行為。
しかし、お金の貸し借りは民事。
なので、違法行為とわかっていても、どこか介入しにくいところがあるのでしょう。
最近は追い返すようなところは少ないようですが、相談を聞いても、
「無視しなさい。それで、脅されたり、暴力を受けたら、また相談に来なさい」
といった程度で、終わってしまうこともあるようです。
もちろん、きちんと対応してくれる刑事さんも多いので、闇金被害で困っているのであれば、相談してみるべきです。

闇金被害の証拠があれば警察も動きやすい

闇金に脅されたり、暴力を受けた場合、警察に相談しましょう。
その日のうちに相談し、被害届を出すべきです。

 

その際、なんらかの証拠があると、警察も動きやすいでしょう。
逆に、なにも証拠がなければ、こちら言い分だけでは動きにくいはずです。

 

脅されたとき、その会話を録音しておくと証拠になります。
暴力を受けたときは、病院で診察を受けるといいのですが、それが無理なら、アザやキズを写真で撮っておくといいでしょう。

 

また、これらができない場合は、メモしておきます。
日時、場所、闇金とのやり取りをメモしておきましょう。
日付や時間がわかるのとわからないのでは大違いです。あやふやな記憶より、きちんと記録したメモのほうがいいわけです。

 

それを持って警察へ相談に行けば、警察も動いてくれるはずです。
また、証拠があれば、闇金側も自分たちが不利だとわかっているので、こちらの要求(たとえば借金をチャラにしてほしい)を聞き入れてくれるでしょう。

 

闇金相談 警察

闇金の問題は司法書士でも相談できる

闇金の問題は警察以外でも相談できます。
司法書士や弁護士の中には、闇金問題に力を入れている方がいます。
そういった方に相談してもいいでしょう。
先にも述べたとおり、警察の場合、積極的に介入してくれないことが多いようです。
相談しても、よいアドバイスすらしてもらえなことがあります。
その点、闇金問題に力を入れている司法書士や弁護士であれば、しっかりと相談に乗ってくれ、よいアドバイスをしてくれます。

 

以下の司法書士(法務事務所)は、闇金問題の無料相談を受け付けています。
相談料がかからないので、闇金のことで悩んでいる方は気軽に相談してください。
闇金との交渉の経験が豊富なので、よいアドバイスをしていただけることでしょう。

 

エストリーガルオフィス 0120-735-072 (フリーダイヤル)

 

ジャパンネット法務事務所 0120-758-685 (フリーダイヤル)

リンク

ホーム RSS購読